ブラックリストとはなにか

基礎知識

ブラックリストに載るということは消費者金融が審査の時に利用する指定信用情報機関に事故情報が掲載される状態のことをいいます。
事故情報には次のようなものがあります。
・延滞
・法的回収
・自己破産
・債務整理
・民事再生
・特定調停
しかしこの中で本当の意味でブラックな状態のものは延滞と法的回収だけです。
中堅消費者金融の中には自己破産、債務整理、民事再生、特定調停などは審査対象外としている会社もありお借入できる可能性はあります。
しかし延滞と法的回収の状態は審査対象外にはなりません。
また延滞解消してもその後1年間は指定信用情報機関の情報に掲載されることになるので注意が必要です。
指定信用情報機関ではその顧客が3カ月以上支払いの滞納が続いた場合にはじめて延滞という事故番号を掲載しますが現在延滞中であれば3ヵ月以内の滞納であってもまず審査には通りません。
また現在延滞していなくても過去1年間の取引で滞納が著しいと審査には通りません。
このように延滞というのは延滞中はもちろん、解消してもその後1年間はお借入がしにくくなりますので十分注意が必要です。

おすすめカードローン