お申し込み時の審査のポイント

基礎知識

まず一番のポイントは年収額と既存借入額になります。
年収申告の虚偽はいけませんが、過去一年の収入より現在の収入のほうが多いのであれば現在の収入で申告して良いでしょう。
審査に通らない最も多い理由は借入件数ではないでしょうか。
借入額も重要ですが、どちらかというと借入件数の方が重要視される傾向にあります。
審査は主に居住種別、居住年数、勤続年数、勤務先の職種や会社の規模などからみて安定性を重視して判断されます。
審査の視点は多岐に渡るので現在の状況を把握したうえで申込しましょう。
もし審査に通らなかったからといって一度に何社も申し込みをしてしまうと、申込ブラックという扱いになってしまう場合もあります。
急いでいたとしても落ち着いて自分にあったカードローンを選んでください。

おすすめカードローン